意外な機転


意外な機転

意外な機転

座り仕事が実は体に結構な負担をかけているのは周知の事実ですが、

やはりまだまだ立ち仕事などに比べると分かっていない事も多く、

その辛さはなかなか理解してもらえませんよね。

以前は腕周りの負担を嘆いていましたが、どうやら次は足にも出てきたようで、

しかも痛むのは左の太ももだけという違和感。

ちょっとした痛みならともかくずきずきと痛みが残り続けるので、

これが結構辛いのです。

この状態の原因が座りっぱなしなのが原因だとは分かりますが、

詳しい内容も知りたかったので看護師の友人に聞いてみたところ、

「椅子に座っている状態は足を曲げざるを得ないので、

長時間その姿勢を維持しすぎてその部位の血流が悪くなっていたせいではないか」

との事でした。

確かに近頃は一日中パソコンに向かうという事も珍しくなく、

当然椅子にも座り続けているので姿勢は固定されてしまいます。

以前はちゃぶ台にノートパソコンを置いた状態でのスタイルで、

それはそれで姿勢に問題があったのですが、

あぐらをかいたり足を伸ばしたりと、足元に関しては結構自由が利いてましたね。

その頃にはこんな痛みに襲われた事は無かったので、

やはり原因は曲がった状態の維持なんだなあと思います。

湿布は当たり前なのですが、そこで私が対抗策として講じたのは、

今の机の使っていない棚でした。

パソコン用デスクという事で足元の方にセットできる棚が付いていたのですが、

まだノートパソコンの頃は机に深く入り込むように使っていたので、

邪魔になるので外したままでした。

しかしデスクトップパソコンになればキーボードを下のスライド棚にセットした結果、

机には浅く入り込むので足元は空きますよね。

それを考えずに棚の事も忘れていた私は足を曲げたままでしたが、

ある事に気づきました。

もしかしたらこの棚、高めの位置にセットすれば足を伸ばした状態で足置き場になる?

そしてセットしてみたところ、これがぴったりの位置でして。

今では棚にマットを敷いて足置き場として機能しております。

ちょっと行儀が悪い姿勢ですが、

痛みで気が散ると仕事にならないので、止むを得ませんね。

以前ネットカフェに行った時のリクライニングとフットレストを思い出しましたが、

自宅で再現できるとは思いませんでした。

安価で吹き抜けになっている机でしたが、今回ばかりは吹き抜けに感謝です(笑)

やはり座り仕事は定期的に立ち上がってストレッチをしないとダメですね。

大阪の婚活パーティー

お金をかけるべきところ

夫婦二人そろって見事な腰痛持ちです。特に寝起きの腰痛がひどく、結婚して一緒に生活をするようになってから症状がひどくなりました。原因は恐らく布団でした。

夫はそれまでシングルの安いベッドを使っていました。その時は睡眠が原因で腰痛というのはなかったそうです。つまりそのベッドが体に合っていたのでしょうね。

私は以前から腰の痛みで起きる、ということがよくありましたのでいつか自分に合う布団を買えたらなあ、とは思っていました。

家具を揃えるのと同時に布団を新しく買ったのですが、特に試すこともなく布団やさんの話をフンフンと聞き、購入しました。お値段もそれなりだったので期待していました。

ところが、その布団で寝るようになってから夫のいびきがひどくなり、疲れもあまり取れなくなりました。私も寝起きがすこぶる悪く、寝ても寝ても疲れがとれません。

まさか布団が悪いとは思いませんでしたが、色々考えた結果それしか原因が思い浮かばなかったのです。

お金はもったいないと思いましたが、ここはひとつ奮発していい布団を買おうということになりました。インターネットで情報収集をして、口コミも調べていきました。

海外の何々というマットレスがとてもいいとか、日本の有名な布団のあれがいいとか、色んな情報がありすぎて実際わかりませんでした。結局寝てみないとわからないからです。

その人にとってはとてもいい布団かもしれませんが、私たちに合うかどうかはわかりませんよね。

最初は安さにつられてネットで買おうかと思ったのですが、やはり寝てみてから決めることにしようと話し合いました。多少高くなっても、納得して買うべきだと思いました。

老舗布団メーカーで展示会をやっていて、そこで色々と試すことができるという話を聞きました。問い合わせるとちょうど月に1度の開催が週末だということで行くことに。

本社のビルでしたのでちょっと緊張しましたが、入った瞬間営業さんがついてくれたので色々話をきくことができました。

その代わり「買わざるを得ない空気」になってしまったので、まあ契約からは逃れられないだろうなと覚悟しました。実を言うと、試してからネットで買おうと思っていたのです。

でも、買った後のサポートとか修繕、クリーニングなどを考えると、きちんとした会社で話をきいてから買うというのも大切なのではと思いました。

お金を節約すべきところと、かけるべきところがあるなら、寝具は間違いなく「いいものを買って長く使う」べきだなと痛感しました。